随机学日语

 1980年代前半に入ると、日本も欧米先進資本主義諸国に後れて社会保障の制度改革に取り組まなければならないようになった。それはオイル?ショック以降、先進諸国は軒並み低成長を余儀なくされ、税収や保険料収入の伸び悩む一方で社会保障関係総費用の増大するという事態になり、「財政危機」に陥り始めたからである。 特に日本で深刻化したのは、少子?高齢化の急速な進行である。それは老人医療費の急増として現れ、高齢者人口の増加により年金支出は必然的に急増し、とくに第一次産業従事者や個人経営者が加入する国民年金制度は、産業構造        
 1993年10月20日、控訴審判決は、検定制の合憲性は認めたが、「南京大虐殺」に関連する2か所を加えた計3か所の検定に裁量権濫用を認め、国に30万円の賠償を命じる原告一部勝訴の判決を出した。家永氏はそれをなおも不服として上告した。そして、1997年8月29日、家永教科書裁判最後の最高裁判決が出された。教科書検定制度の合憲性は認めながらも、裁量権濫用が見られる違法性を認め、文部大臣が検定を行うにあたっては「恣意的でなく抑制的で厳格な考慮がはらわれるべきである」と裁量権の行使に関する一定の制約が課されること        
 1951年のイランの石油資源国有化を皮切りに、1960年のイラクの鉱区接収、1972年にイラク石油の国有化、1973年1月からのアラビア湾岸諸国の25%資本参加、1973年5月のイランの石油資産全面国有化、さらに、1979年以降の中東、南米、アフリカにわたる全面国有化の波が起こった。これらの動きを資源ナショナリズムと呼んでいる。1973年の中東戦争の時、アメリカなどのイスラエル支持に対抗して原油の生産を削減し、OPEC(石油輸出国機構)は原油価格を4倍に引き上げた。これが第一次石油危機(オイル-ショック        
 「日本書紀」よれば、初代の天皇は神武天皇であるとされる。この神武天皇には東征ー大和平定の神話がある。45歳のとき、船軍を率いて日向を出発し、瀬戸内海を東へ進み、難波(今の大阪府にある)に上陸して大和に向かおうとしたが、土地の豪族長髄彦(ながすねひこ)の軍に妨げられたため、紀伊半島を迂回して熊野から大和に入り、土豪たちを征服し、ついに長髄彦を倒して、日向出発以来、6年目(「古事記」では16年以上かかる)で大和平定に成功し、辛酉の年(紀元前660年)元旦、橿原宮ー今の奈良県橿原市ーで初代の天皇の位についたと        
 29歳の時、白人に支配されて悲惨な生活に苦しむアフリカの人々のことを知り、医学を勉強して、1913年に医学博士となる。その後、伝道会派遣の医師として妻と一緒にランバレネ(当時フランス領コンゴ/現ガボン共和国)に渡り、全財産をなげうって診療所を作り、医療事業を開始する。第一次世界大戦勃発のため捕虜として抑留されて、一旦医療事業は挫折するが、戦後、文筆活動やパイプ?オルガンの演奏によって資金を調達し、再び1926年再度ランバレネに赴いて病院を再開した。第二次大戦中もずっとランバレネにとどまり、体力の限界と薬        
语音翻译

本站公众号,不定期分享日语学习知识、日本见闻等内容。

日语拍照翻译

本站小程序,提供中日文拍照翻译、文字翻译、语音翻译功能,以及50音图学习。

Copyright 2017 小楠日语 | 微信公众号:xiaonanriyu | QQ群:469332590 | 鄂ICP备17029025号-3 | 站点地图