Mr. 宗一郎田原劝, 去靖国神社再安倍晋三政权五年

2017-12-26 10:36:06
 安倍晋三标记五年从 No. 2: 12/2012, 26。 除了第一个内阁的战争后, 总理安倍晋三的管理是4日的长度, 与 Mr. 宗一郎田原共计, 记者和前领先的证券经济学家美, Hosei 大学 (经济学) 教授听到的评价。 (采访者和新一藤原, k. 木村) Mr. 宗一郎田原 是独裁统治的一部分--首相安倍晋三再一次在五年后将是。  失业率是 3%, 安倍晋三, 是在该国的就业比例超过 1 x 的股票价格是两倍以上。 看起来不错, 但没有经济增长, 没有投资公司。 商界已经开始担心在2020年的东京奥运会之后。  --仍然是商界一般的行政支持。 那么长时间维护的原因是什么?  你不恨美国的事实。 在2013年底参拜靖国神社后不久, 电话里的 你做了一件不敬虔的事。 2度就走 在美国确定的修正主义历史以后, 去反亚伯 并且劝告。 因为它不再被参观。  -自第一批金条的政策后, 以下的目的是修改宪法。  我记得总理宫泽一。

田原総一朗氏「もう靖国に行くなと忠告」 安倍政権5年

 安倍政権は26日、2012年12月の第2次内閣発足から5年を迎える。第1次内閣を除いても戦後4位の長さとなっている安倍晋三首相の政権運営について、ジャーナリストの田原総一朗氏と元大手証券エコノミストで法政大教授(経済学)の水野和夫氏に評価を聞いた。(聞き手・藤原慎一、木村和規) 田原総一朗氏「長期政権の罪の部分が出ている」  ――安倍晋三首相の再登板から丸5年になります。  安倍さんの一番の自慢は完全失業率が3%を切り、有効求人倍率は全国で1倍を超え、株価も2倍以上になったということ。見た目は悪くないが、経済は大きく成長せず、企業は設備投資をしていない。経済界はすでに2020年の東京五輪後を心配している。  ――それでも経済界はおおむね政権を支持しています。これほど長く維持できている理由は何ですか。  米国に嫌われないようにしているというところもある。2013年末に靖国神社を参拝した直後、電話で「とんでもないことをやったな。二度と行くな。また行ったら米国は歴史修正主義者と決めて反安倍になるぞ」と忠告した。それ以後、参拝しなくなった。  ――第1次以来の地金の政策は進め、次は憲法改正をめざしています。  思い出すのは宮沢喜一元首相が…

语音翻译

本站公众号,不定期分享日语学习知识、日本见闻等内容。

拍照识别翻译

本站小程序,提供多种语言的拍照翻译、文字翻译和语音翻译功能。

Copyright 2017 小楠日语 | 微信公众号:xiaonanriyu | 鄂ICP备19022974号-1 | 站点地图