图片 柚子胡椒销售婚礼来宾礼物太

 彩色透明立方体形玻璃瓶成糊状或粉末状。 在白光的冷藏箱里, 按类型订购的高档化妆品柜台看起来像。 瓶子边上的那封信, 金色的辉光 Yuzugoshow (柚子松江商)。 时尚的柚子胡椒也可用于油炸是由克伦 kawasoe, 佐贺食品厂。  踏入工厂大厦, 空气和柚子的香气。 公司拥有员工13名, 克伦总裁 (55), 二人从产品开发到生产, 负责店铺的销售。 认为克伦总统本人是一个与众不同的产品设计。  100年成立于 1918年, 是本公司。 在海滩附近, 利用美国, 开始与海鲜 kasu漬ke 交易。 这是50年前开始做的柚子辣椒盐技术, 如利用。 现在晕倒了, 卖腌九州, 柚子胡椒在东京的搭档。  柚子辣椒使货物最初进入一个圆筒容器在室温贮存。 开发产品低盐浓度是需要和冷藏约10年前, 在不同的形状和重要风格的瓶子现在。 最初的目标是 看不见的柚子胡椒 的声音从顾客, 在厨房桌上, 以风景如画的 调味料。  几乎在同一时间, 折叠商店批发供应商在东京。 克伦, 在东京寻找市场和餐馆, 走动。 最初柚子辣椒在东京不太熟悉, 5月说 哈 柚子辣椒, 柚子和辣椒的 电视柚子辣椒热潮推, 逐渐获得公民权。 现已并入日本、法国和意大利厨师的菜单产品公司。  东京办事处的需求已成为产品开发。 柚子果汁加产品只是粘贴的唯一果汁产品开发和传播, 可以洒液体可溶性粉末。  所有的原材料, 是松岛。 结合富士镇的有机柚子柚子果园, 传奇城市-经营由合同农民在这个镇, 唐津, 加唐岛。 这是一个承诺可以处理成新鲜的原材料和建立信任关系与生产者。  把力量扩大到柚子胡椒的使用。 柚子辣椒雪纺蛋糕的农民是酒店咖啡厅的核心。 克伦是白奶油酱适合, 说我可以品尝它。 下一个目标是世界。 你想要日本的领先调味品。 我还是输给了芥末 (Sugiura 奶奶)

「絵になる」ゆずこしょう販売 結婚式の引き出物にも

 透明なキューブ状の瓶に入った、彩り豊かなペーストや粉。冷蔵ケースの白い光のなか、種類ごとに並べられた様子は高級コスメ売り場のようにも見える。瓶の側面、金色に光る文字は「Yuzugoshow(ゆずごしょう)」。結婚式の引き出物にも使われるおしゃれなゆずこしょうは、佐賀市川副町の川原食品の工場で作られている。  工場の建物に足を踏み入れると、空気にふわりとユズの香りがした。社員13人と川原啓秀社長(55)ら役員2人で商品の開発から製造、直売店での販売を担う。特徴的な商品デザインは川原社長自身が考えているという。  1918年創業の100年企業。海が近く、米どころの土地柄を生かし、海産物のかす漬けから商いを始めた。塩漬けの技術などを生かしてゆずこしょうを作り始めたのは50年余り前。今、販売はかす漬けが九州、ゆずこしょうは東京が取引先の中心だ。  ゆずこしょうは元々、円筒状の容器に入った常温保存の商品を作っていた。10年ほど前、冷蔵保存が必要となるが塩分濃度を抑えた商品を開発する際、「他と違うと示すには、形も重要」と、今の瓶詰のスタイルに。当初は客から「ゆずこしょうに見えない」との声もあったが、「キッチンテーブルに置いて絵になる」調味料を目指した。  時をほぼ同じくして、東京の取引先の問屋が店を畳んだ。川原さんは販路を求め、東京のレストランを訪ね歩いた。当初はゆずこしょうは東京でなじみがなく「ゆずと唐辛子なんだから『ゆず唐辛子』でしょ」と言われたこともあるが、テレビが取り上げるなどの「ゆずこしょうブーム」にも押され、徐々に市民権を得た。今は和食、フレンチ、イタリアンのシェフが同社の商品をメニューに取り入れているという。  東京営業で得たニーズは、商品開発にも役立った。ペーストだけだった商品は、ユズ果汁を加え溶けやすい液状、振りかけることのできる粉末にも広がり、果汁だけの商品も開発した。  原材料は全て県内産だ。佐賀市富士町の直営のユズ園で育てる無農薬のユズに、同町の契約農家から仕入れる唐辛子、唐津・加唐島の塩を組み合わせる。原料を新鮮なうちに加工でき、生産者との信頼関係も築けるとのこだわりだ。  ゆずこしょうの使い方の幅を広げることにも力を入れる。直売所に併設のカフェの目玉は、ゆずこしょうのシフォンケーキ。川原さんのおすすめはホワイトクリームソースに合わせる食べ方で、「味がしまって、結構いける」という。次なる目標は世界だ。「日本を代表する調味料にしたい。まだワサビには負けてますから」(杉浦奈実)

Copyright 2017 小楠日语 | 微信公众号:xiaonanriyu | 苏ICP备12007026-2 | 站点地图