看到受伤或疾病, 外国医学翻译机器正在开发中

2018-05-16 15:15:18
 在东京奥运会和残奥会前评估外国病人时使用的医疗保健专业人员的机器翻译。 使国家研究发展公司信息和通信技术 (NICT) 和富士通实验室有限公司在本财政年度发布。 抱怨 或 悸动, 各种痛苦, 医学术语也被启用。  我谈到3月下旬, 鹿儿岛 yonemori 医院护士伊牟田大麻妓 (36) 来自北京 显示我现在服用药物的60s 女性患者。 从翻译员穿在伊牟田的胸中立刻流淌着中文。 病人的反应也很快翻译了日本。  伊牟田说: 当与不懂中文的病人交谈时, 就会非常。 据说, 当描述付款规则和在医院最初也开始了没有翻译的名字的医学, 历史 并且没有口译员。  NICT 和富士通研究机器翻译。

けがや病気、外国人にもわかります 医療用翻訳機開発中

 東京五輪・パラリンピックを前に、外国人の患者を診察する際に使う医療従事者向けの翻訳機の開発が進んでいる。国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と富士通研究所がつくり、今年度中に発売する。「シクシク」とか「ズキズキ」など様々な痛みや、医療用語にも対応している。  3月下旬、鹿児島市の米盛病院の看護師伊牟田麻衣子さん(36)が「今のんでいる薬を見せてください」と北京からやって来た60代女性患者に話しかけた。すぐに伊牟田さんの胸に着けられた翻訳機から中国語訳が流れた。患者の応答もすぐに日本語に訳された。  伊牟田さんは「中国語はわからないので、患者さんと会話するときにとても助かった」と話す。使い始めた当初は薬の名前や「既往歴」などを翻訳できないこともあったが、支払いや病院内の決まりを説明する際には通訳の必要がなかったという。  翻訳機はNICTと富士通研究…

Copyright 2017 小楠日语 | 微信公众号:xiaonanriyu | 苏ICP备12007026-2 | 站点地图