重建被毁坏的森林公寓, 生活在佛陀的土地 W 杯子荣耀

2018-05-17 12:00:26
不能得到业主谁同意做修理和拆除的负面个人时间--。 这种负面的个人豪宅在日本以外的城市中变得突出。 我说, 移动政府干预法国重建的豪宅, 同时努力改善居民的生活。 记者参观了巴黎的圣丹尼斯郊区。 消极个人时代系列1998足球世界杯 (世界杯) 决赛。 这圣丹尼斯是齐达内在当地法国国家队击败巴西, 胜利体育场 法国体育场。 巴黎恐怖袭击的地点在2015年杀害了130人, 一。 也被称为城市隐藏恐怖主义的肇事者。  在圣丹尼斯城, 通过打破窗户和踏脚的衬里, 结合了光荣和磨难的历史, 如破旧的公寓楼。 在自治市4% 住房是被批准的 适当的住所。  住在巴黎工作的高成长期, 中产阶级的工人, 但随后, 移ri住nndari 居民的郊区分离工厂请, 是可用的。 他们的外籍工人生活在低收入人群中。  猖獗的恶性贫困企业以前倒闭的公寓居住的非法移民, 如收取高额租金。 消防设施, 如经常发生火灾造成的死亡, 说。  在公寓街区的一个角落里, 看起来崭新的砖砌六层楼。 这是在过去11月内完成的低收入公共房屋。 矗立着一座豪宅, 原本蹂躏着被征用和拆除的城市, 公共房屋建在工地上。  居民对卫兵说 (26) 一。 两卧室与我的母亲, 妹妹和生活在三。 居住在附近租用的公寓, 被自治市拆毁了并且今天被介绍了到公共住房。 租金从每月900欧元 (约110000日元) 降至400欧元 (约50000日元), 比以往任何时候都要宽。 街头兴奋剂交易是在图像坏之前完成的, 但现在已经改变了, 马可表示微笑。  城市的国家面积在2010年。

仏W杯栄光の地に荒廃マンション林立 建物も生活も再建

負動産時代  マンションの老朽化が進んでいるのに、オーナーたちの同意を得られずに修繕も取り壊しもままならない――。そんな「負動産マンション」が日本の都市郊外などで目立ち始めている。フランスでは、行政が介入してマンションを建て替え、同時に住民の生活改善にも取り組む動きがあるという。パリ郊外のサンドニを記者が訪ねた。 シリーズ「負動産時代」  1998年のサッカー・ワールドカップ(W杯)決勝。ジダン選手の活躍で地元フランス代表チームがブラジルを下し、初優勝を飾ったスタジアム「スタッド・ド・フランス」がこのサンドニにある。2015年には、130人の死者を出したパリ同時多発テロの発生場所の一つになった。テロの実行犯が潜伏した街としても知られる。  栄光と苦難の歴史を併せ持つサンドニの市街地に足を踏み入れると、窓ガラスが割れるなど老朽化したマンションやアパートが立ち並んでいた。自治体の調査では、住宅の4割が「住居に適しない」と認定されている。  高度成長期には、パリに通勤する中産階級の労働者が住んでいたが、その後、住民が郊外の戸建てに移り住んだり、工場が閉鎖したりして、空室ができた。そこに外国人労働者や所得の低い人たちが住むようになった。  以前は荒廃マンションに不法移民らを住まわせ、多額の賃料をとるような悪質な「貧困ビジネス」が横行。防火施設の不備などが原因でたびたび火災が起き、死者も出たという。  そんなマンション群の一角に、6階建ての真新しいれんが造りの建物が見えた。昨年11月に完成したばかりの低所得者向け公営住宅だ。もともと荒廃したマンションが立っていたが、市が収用して解体し、跡地に公営住宅が建てられた。  住民の一人、警備員のマルコさん(26)に話を聞いた。2LDKに母、妹と3人で暮らしている。近くの賃貸マンションに住んでいたが、自治体によって解体されることになり、いまの公営住宅を紹介された。以前より部屋は広くなり、家賃は月額900ユーロ(約11万円)から400ユーロ(約5万円)に下がったという。「以前は覚醒剤の取引が行われるなど街のイメージも悪かったけど、いまはすっかり変わりました」と、マルコさんは笑顔をみせた。  市は2010年、この一帯を国…

Copyright 2017 小楠日语 | 微信公众号:xiaonanriyu | 苏ICP备12007026-2 | 站点地图