日本支持打败他们我看到了梦想,

2018-07-03 09:30:21
 俄罗斯足球世界杯 (世界杯) 锦标赛, 反向输日本是3天, 排名第三位的比利时第一次错过了前八名。 赞美前导演的好运转向了欢呼声, 变成了失望的叹息, 但声音出来了。 接近8强和正面地攻击外交部长4分钟 日本是可怕的 减去少许运气喜悦比利时日本2018世界杯日程表或结果站立竞争俄国罗斯托夫-在唐, 比赛结束, 甚而在15分钟以后 有日本粉丝坐着, 无法从原位膀胱站起来。 是第三次决赛, 但也名列前茅八, 这是为什么三次是16鲈鱼喘息。  返回1点比利时然后采取了这两点, 并传播我的恐惧在日本人民的脸上。 后学院, 逆转接近尾声。 别无选择, 只能让比利时人看着日本的支持者。  神奇. 最后......... 和日本球迷坐在外国球迷中 你从是好路德 (好输家), 越过了声音, 说日本应该赢得比赛。 后左轮的喜悦从体育场, 由工作人员的提示, 独奏和独奏, 并长叹沉重。  在黑暗中, 在唐河河岸上闪耀着灿烂的光芒, 体育场说, 身穿蓝色制服的 MATSUDA (36)。 我看到一个梦想。 这是很好的, 所以我不能赞美比赛的赞美。 但它不能持续太遗憾 光伏 (罗斯托夫-唐 = 高野辽) 东京, 许多常设房间只查看客户东京, 港区的东京塔预留 (PV) 会场。 常设房间顾客也许多在450个位子被卖了, 尽管开始3:00。 很高兴日本拿走了两分, 外地人, 但逆转了逆转。 观众大叹一口气, 抱着他的头被卡住了1分钟。 千叶城市办公室工作者, 平山博行-San (46), 墙壁的8最佳的高是它并且坐下了。  比赛结束后, 跟随大部分观众的座位, 听与球员的访谈, 鼓掌。 头发染蓝, 有学生的支持, Takizawa 女士 (24), 感谢日本让这样的热, 我们期待直到最后一分钟说, 并带来了眼泪的眼睛。  在东京, 涩谷争相穿越比赛后, 日本 人前往火车站, 在 waki起korazu 呼叫中跋涉。  世田谷病房的学生在膀胱内, 东京被吓坏了, 天宫想法 (ryouya), (20) 紧张是緩nnji 我猜 Po 节。 尼斯和 9:00, 因为大学语文课, 是公司进入班级。 单位不会放弃游戏 。  观看了体育酒吧在东京办公室工作者苍鹭 (mitsuki), (22) 我认为每个人都有一个梦想... 谢谢你挑选成为 离合器干的球员喜欢我一个好的工作可以是最好的。 想要打破四年后的八强的墙壁, 并送往耶鲁。  比利时球迷身着比利时驻千代田大使馆, 另一方面, 红制服约100人观看比赛。 跳跃确定第三接近结束赢取跑在比利时和上升, 是高兴的。 推力我的手, 并关闭了比赛, 比利时, 比利时和欢呼。 Picarosa 弗朗索瓦, (32) 是一个令人兴奋的で刺激的とても漂亮的游戏。 洗澡的时候去工作, 当我穿好衣服时, 微笑着说。  JR 新桥站清晨。 一个女办公室工作人员工作, 从小睡, 然后看电视游戏 (34) 是期待被比利时的游戏发展压倒, 但在一个很好的方式背叛了我。 终于超越了强国的民族自豪感。 每个是娱乐游戏演变日本国家队世界杯是 和谈论。 (侑川崎, 英之吉泽明, 山田, 历史, Morimoto 未读第四纪)

日本人サポ「夢、見たなあ」 逆転負けに立ち上がれず

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本は3日、世界ランキング3位のベルギーに逆転負けし、史上初のベスト8入りを逃した。歓喜の絶叫は落胆のため息に変わったが、直前の監督交代からの快進撃に、健闘をたたえる声が上がった。 真っ向から攻め、たたみかけた 8強に近づいた4分間「日本こわかった」「少しの運の差」歓喜のベルギー国内2018ワールドカップの日程・結果  試合会場のロシア・ロストフナドヌーのスタンドには、試合が終わって15分がたっても、その場から立ち上がることができず、ぼうぜんと座り込む日本人ファンの姿があった。3度目の決勝トーナメント進出だったが、またもベスト8入りはならず、「なんで3回も16強止まりなんだよ」と声が漏れた。  2点を奪った後、ベルギーに1点を返されると、日本人たちの顔に不安の色が広がる。同点に追いつかれ、終了間際の逆転。狂喜乱舞するベルギー人の姿を、日本サポーターは、見つめるしかなかった。  「まじか。これで終わりか……」と座り込む日本サポーターらに、海外のファンが「君らはグッドルーザー(よき敗者)だ」「日本が勝つべき試合だった」と次々と声をかけていった。スタジアムから歓喜の輪が去った後、スタッフに促され、一人、また一人と、重い腰を上げた。  暗闇のなか、ドン川のほとりにまばゆく光るスタジアムを見上げ、青いユニホーム姿の松田勇希さん(36)は言った。「夢、見たなあ。褒めても褒めきれないほど、いいゲームだった。でも最後、悔やんでも悔やみきれないよ」(ロストフナドヌー=高野遼) 東京のPV、多数の立ち見客  東京都港区の東京タワー脇のパブリックビューイング(PV)会場。午前3時の試合開始にもかかわらず450席が完売し、立ち見客も大勢出た。日本が2点を奪うと、跳びはねて喜んだが、逆転されて一転。大きなため息が漏れ、頭を抱えた多くの観客が1分以上、動けなくなった。千葉市の会社員、平山裕之さん(46)は「ベスト8の壁は高いですね」と座り込んだ。  試合後、ほとんどの観客が席を立たず、選手らのインタビューに耳を傾け、拍手を送った。青く髪を染めて応援していた、さいたま市の学生、滝沢彩音さん(24)は「こんなにも熱くさせてくれて、最後の最後まで期待させてくれた日本代表にありがとうと言いたい」と目を潤ませた。  東京・渋谷のスクランブル交差点では試合後、「ニッポン」コールもわき起こらず、人々は重い足取りで駅へと向かっていった。  交差点脇でぼうぜんと立ちすくんでいた東京都世田谷区の大学生、雨宮諒也(りょうや)さん(20)は「緊張感が緩んじゃったのかな」とぽつり。午前9時から大学で中国語の授業があるといい、「こういう時こそ、しっかり授業に出ます。試合は落としても、単位は落としません」。  スポーツバーで観戦した東京都港区の会社員鷺(さぎ)実樹(みつき)さん(22)は「みんな夢を見たと思う……」とうつむきつつ「僕も乾選手みたいに、大事な場面でいい仕事ができるよう頑張ります。4年後、ベスト8の壁を破ってほしい」とエールを送った。  一方、東京都千代田区のベルギー大使館では、赤いユニホームを着たベルギー人のファンら約100人が試合を見守った。終了間際にベルギーの決勝点となる3点目が決まると、跳び上がって喜んだ。そのまま試合が終了すると、両手を突き上げ、「ベルギー、ベルギー」と歓声をあげた。ピカローサ・フランソワさん(32)は「刺激的で、とてもいい試合だった。シャワーを浴びて着替えたら、職場に向かいます」と笑顔で話した。  早朝のJR新橋駅。試合をテレビ観戦し、仮眠を取ってから出勤したという会社員女性(34)は「ベルギーに圧倒される試合展開を予想していたが、良い意味で裏切ってくれた。最後は強豪国のプライドが上回った。毎試合進化する日本代表に楽しませてもらえたW杯だった」と話した。(河崎優子、吉沢英将、山田暢史、森本未紀)

语音翻译

本站公众号,不定期分享日语学习知识、日本见闻等内容。

拍照识别翻译

本站小程序,提供多种语言的拍照翻译、文字翻译和语音翻译功能。

Copyright 2017 小楠日语 | 微信公众号:xiaonanriyu | 鄂ICP备19022974号-1 | 站点地图